道立 三岸好太郎美術館情報

昭和七年札幌 好太郎がいた日々
2016.6月23日(木)〜8月21日(日)開催

18歳で札幌の街を飛び出し、19歳で東京の画壇にデビューした三岸好太郎は、上京した後も、たびたび愛する故郷札幌に帰省し人々と交流し、新たな創作への英気を養い続けました。

とりわけ1932(昭和7)年、当時29歳の札幌での活動は、その後の三岸を最晩年の飛躍へと導きましたました。今回の所蔵品展では、この時期にスポットをあて、その道筋に迫ります。作品群の中に描かれた風景からは往時の札幌も興味深く垣間見ることが出来ます。

所蔵品展「昭和七年札幌  好太郎がいた日々」は、北海道立三岸好太郎美術館にて8月21日(日)まで。是非、お楽しみください。

shozouhinH28-2

 

 

北海道立三岸好太郎美術館のこれまでの情報

2020.04.02

2020年度展覧会スケジュール

Read more

2019.01.26

僕は迷路を行ったり来たりする−

Read more

2018.09.15

2018/09/15(土)三岸好太郎を追いかけて展・・・

Read more

2018.08.10

2018.9.2(SUN)まで
河村泳静所蔵・・・

Read more

2018.05.01

ブリジストン美術館 展開催中
2018.4.・・・

Read more

2017.10.24

三岸好太郎美術館はリニューアル工事のため休館中です・・・

Read more

2017.09.06

2017年9月2日(土)~10月1日(日)
・・・

Read more

2017.04.30

小樽芸術村絵画コレクション
×mima三岸好・・・

Read more

2017.03.08

三岸好太郎美術館の愛称は
「mima(読み方・・・

Read more